有名だからこそ困るモビットの偽物対処法

今モビットをご利用の方で返済や何かよくわからない内容のメールや電話が来ている方は是非目を通して頂きたい、偽物情報についてご紹介致します。芸能人のような有名な方を真似するソックリさんというジャンルは確立されていますが、全く歓迎したくない消費者金融のソックリさんもいるようです。
ここでは中でも気になる有名な会社のモビットなどを名乗る偽物が、一体どのような手を使って来るのか注意喚起のためご紹介致します。


【いかにもモビットです!というポップアップ画面表示】

ポップアップ画面とはインターネット上で広告などをクリックした際に開く、操作していた画面とは別のウィンドウのことを言います。本来は「これから別のページに行きますよ、開いても良いですか」という「お伺いを立てる窓」として使われていましたが、どこかの悪い方向に頭を使う人間が目を付け、そのポップアップ画面自体を偽のサイトに仕立て上げて利用者を誘導するという方法を編み出しました。

あまりパソコンに詳しくない方は勿論、そのクオリティの高さは詳しい人でさえ危険にさらす代物です。そしてついつい入力したくなる文章で利用者のハートを悪い意味で鷲掴みにします。モビットでもこのような被害に合った方がいたら困るということで、とにかく注意をするようにとホームページ上でも呼びかけています。


【とても親切な文章で地獄に引きずり込むフィッシングメール】

先ほどのポップアップ画面誘導でもそうですが、相手は巧に誘導して利用者の個人情報を引き出そうと全力で仕掛けてきます。そこで使われるもう一つのやり方としてフィッシングメールがあります。
その名の通り釣るという意味のフィッシングという言葉を使用しており、利用者を釣って、個人情報をだまし取るメールのことを言います。「そんなメール来たって騙されませんよ、私。」と考える方も多くいらっしゃると思いますが、そこを掻い潜るのがプロです。いかにもそのURLを押して入力しなければならないような文面を、つらつらと胸を張って送って来ます。

「こちらはモビットです。ご利用者様の個人情報が盗まれた可能性があります。再度ログインIDとパスワードを使用して当サイトにログインをしてください。」いや、あなたが今まさに盗もうとしているでしょうと突っ込みを入れたくなりますが、いざ送られて来るとすんなり対応してしまうのです。
このようにとても引っかかりやすい文章を作り、バラまいて、情報が送られてくるのをハーブティでも飲みながらゆったり待っているのです。本当に極悪非道ですね。

モビットではまだ被害の報告が無いようですが、インターネットでのお買い物や借り入れなど個人情報やクレジットカード番号などを入力する際には充分にお気を付けください。自分は大丈夫だと思っていると、実はもう情報を取られているということにもなり兼ねません。ご自分を守るのはご自分で。しっかりと管理して悪者に甘い汁を吸わせないようにしましょう。

Comments are closed.